チャレンジ章3-8技術博士の2項目は、「エジソン、ワット、ベル、ライト兄弟についてと、その発明品を調べて記録する」というものです。5人ともすごい発明をした人たちです。でも、実は日本にもこれらの人々と同じくらいすごい発明をした人たちがいます。

参考サイト:日本の十大発明家(経済産業省サイト)

たとえば二宮忠八。彼は飛ぶ鳥を観察してそこから実際に空を飛べる模型を作り、飛行器の原理を見出しました。1890年のことです。ライト兄弟が世界初の有人動力飛行に成功したのが1903年のことですから、もしかしたらその記録は彼のものになっていたかもしれません。どうしてそうならなかったのか、はインターネットで調べるとわかります。Wikipediaというインターネット上の百科事典サイトがありますから、それを活用するといいでしょう。

余談ですが、インターネットは、もともとネットショッピングのためでも、動画公開のためでもなく、論文を公開したり調べたりするためにできたものでした。だから、いろんな人の伝記について調べるのは、インターネットの本来の使い方だといえます。インターネットのでき方を調べると、チャレンジ章3-2コンピュータ博士3項「コンピュータに関係する用語を調べる」をとることができるので、興味のあるスカウトはぜひやってみてほしいと思います。こんなサイトがいいかな?

参考サイト:インターネットのひみつ【新版】

さて、いろんな発明をしたいろんな人たち、こんなにいます。さっそく調べてみよう!「だれが」「何を発明した?」「それはどんなもの?」「その人はいつ生まれて、いつ死んだ?」「どんなエピソードがあった?」など、調べたい疑問点をあげて、レポートを作ってみよう。家庭学習のネタにぴったりだし、チャレンジブックにはりつけてもいいね。

なお、チャレンジ章の進め方に関してはカブブックのすすめかたも参考にしてください。

名前 発明したもの Wikipediaリンク
二宮忠八 飛行器 Wikipediaで調べる
豊田佐吉 木製人力織機、自動織機 Wikipediaで調べる
屋井先蔵 乾電池 Wikipediaで調べる
中村修二 青色ダイオード Wikipediaで調べる
浅尾荘一郎 光電管 Wikipediaで調べる
西澤潤一、佐々木市右衛門 光ファイバー Wikipediaで調べる
安藤百福 インスタントラーメン Wikipediaで調べる
早川徳次 シャープペンシル Wikipediaで調べる
御木本幸吉 養殖真珠 Wikipediaで調べる
高峰譲吉 タカヂアスターゼ、アドレナリン Wikipediaで調べる
池田菊苗 グルタミン酸ナトリウム Wikipediaで調べる
鈴木梅太郎 ビタミンB1、ビタミンA Wikipediaで調べる
杉本京太 邦文タイプライター Wikipediaで調べる
本多光太郎 KS鋼、新KS鋼 Wikipediaで調べる
三島徳七 MK鋼 Wikipediaで調べる
佐川眞人 ネオジウム磁石 Wikipediaで調べる
加藤与五郎・武井武 フェライト磁石 Wikipediaで調べる
八木秀次 八木・宇田アンテナ Wikipediaで調べる
丹羽保次郎 NE式写真電送機 Wikipediaで調べる
山本忠興 テレビジョン Wikipediaで調べる
高柳健次郎 ブラウン管テレビ Wikipediaで調べる
安藤博 多極真空管 Wikipediaで調べる
マルコーニ 無線 Wikipediaで調べる
ジョルジュ・デ・メストラル マジックテープ Wikipediaで調べる
Joomla templates by a4joomla