このサイトの使い方


ビーバー隊の最新情報


カブ隊の最新情報


ボーイ隊長ブログ最新記事


ローバー隊の最新情報


事務局ブログ最新記事

名取第1団のサイトにはカレンダーがついており、団の行事、ビーバー隊の行事、カブ隊の行事などを確認できます。これは団カレンダーのページにアクセスすれば誰でも閲覧できます。

http://bsn1.info/index.php/mschedule

このURLをブックマークしておくと便利ですよ。

またスマートフォンやタブレットにカレンダーを登録することで手持ちの携帯端末やパソコンのスケジュール帳に団のカレンダーを表示させることもできます。

Googleアカウントにサインインしている状態で、つまりGmailなどが使える状態で、ページ左列にある「予定カレンダー」のコーナーの「+Googleカレンダー」ボタンをクリックします。そうするとカレンダーを表示するウィンドウ(またはタブ)が開いて、「以下のカレンダーを追加しますか?」と聞いてくるので、「はい」を選択してください。以上です。

完全に手動でやる方法もあります。最初の設定は少し手がかかりますが、出来てしまえば非常に便利です。以下に手順を解説します。

以下が名取1団関係のカレンダーのIDです。ここでは団のカレンダーを登録する流れを説明してゆきます。

ボーイスカウト名取1団 (団カレンダー)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ボーイスカウト名取第1団ビーバー隊
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ボーイスカウト名取第1団カブ隊
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ボーイスカウト名取第1団ボーイ隊
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

まず、パソコンからGoogleカレンダーのページを開きます。スマートフォンでも、モバイルモードでなくあえてPCモードでページを開いてください。(Googleアカウントが設定されている前提です。まだアカウントをとっていない場合は以下のリンクを参考にアカウントを作成してログインしてください。参考リンク:https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

表示されたページには左側に「マイカレンダー」「他のカレンダー」の表示があります。文字の左にある▼が右向きになっている場合はクリックして下向きにし、「友達のカレンダーを追加」というテキストボックスを表示させてください。

このテキストボックスに「このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。」と入力し、Enterを押すとカレンダーが追加されます。

iPhone端末の場合

つぎにgoogleカレンダーの同期設定が必要です。以下のリンクにアクセスし、追加したカレンダーにチェックを入れてください。
https://www.google.com/calendar/iphoneselect
なお設定が反映されるまで少し時間がかかります。ログインしなおすと幾分かはましになります。更にその後に標準アプリの「カレンダー」を開き、リストを下にスワイプして更新し、対象カレンダーにチェックを入れます。

Android端末の場合

標準アプリの「カレンダー」を起ち上げ、「複数のカレンダー」ボタンをタップ。リストの中から「ボーイスカウト名取1団 (団カレンダー)」のチェックを入れてください。

参考リンク
googleヘルプサイト

現在このサイトではmfaceというメールフォームサイトのサービスを使って以下のようなメールフォームを設定しています。

用途宛先アドレス
見学申込み visit[at]bsn1.info → leaders[at]ml.bsn1.info(隊長・副長向けメーリングリスト) https://mailform.mface.jp/frms/bsn1/itvpt9a2et36
資料請求 hq[at]bsn1.info → h.kanno[at]bsn1.info https://mailform.mface.jp/frms/bsn1/ddpede0i3rdm
事務局宛てお問合せ hq[at]bsn1.info → h.kanno[at]bsn1.info https://mailform.mface.jp/frms/bsn1/fikiiniua7ai
サイト管理者宛お問合せ admin[at]bsn1.info https://mailform.mface.jp/frms/bsn1/etj5z94pwj38

これらを「各種お問い合わせのご案内」という記事にしてまとめ、メインメニューの「お問合せ」アイテムのリンク先として設定しています。記事内から遷移するフォーム記事は、上記の”生の”アドレスをラッパーモジュールにくるみ、序文の後にModuleAnywhereプラグインを使って挿入したものです。mFaceの仕様上序文を16文字以上使えないことへの対策です。

つまり、記事の序文を編集する場合ならば通常の記事とまったく同じ要領でできます。タイトルの左上に表示される紙と黄色い鉛筆の「記事編集アイコン」をクリックすればよいのです。

一方フォームの内容はmFaceのサイトから行わなければなりません。

まずはログインしてください。idは「admin[at]bsn1.info」([at]は@に)、パスワードは「●●●●つねに」の●部分のローマ字です。

ログインするとフォームの一覧が表示され、そこから設定やデザインの変更ページにうつることが出来ます。参考URL

入力項目設定
フォームの項目、項目の表示順、必須項目であるかどうか、選択項目の内容などを設定できます。
環境設定
フォームメールの宛先、自動返信メールの内容、送信時の確認メッセージの編集、禁止ワード・IP、Google Analyticsの設定が出来ます。
デザイン設定
テンプレートとオリジナルCSSの設定が出来ます。
ログ管理
フォームのログです。
コード表示
使用しません。
データ集計
フォームの動作が分析されます。

フォームを編集した後bsn1.infoには特に変更を加える必要はありません。外部リンクなので設定は自動的に反映されます。ただし新しいフォームを作成したり、序文や記事内での配置を変更したりしたい場合はその限りではありません。

フィードを活用しましょう

フィードとはサイトにある内容が追加されたとき、そのタイトルや要約を短い文で配信するサービスです。あるサイトのフィードを購読する、つまりそこの更新情報を自動的にうけとるようにしておくと、サイトに行く前にどんな内容が追加されたか知ることができます。

たとえば図のようにブックマークツールバーからフィードを受信できるようにしておくと、1クリックだけでサイトに新しい記事があるかどうかチェックできます。(なお画面はMozilla Firefoxのものです)。

フィードを購読するには

現在お使いのブラウザでフィードを購読したいとき、どうしたらいいでしょうか。Internet Explorer7以上、Mozilla Firefox、Opera、Safariなどはフィードに対応しています。またMS Outlook2007、Live Mail、Mozilla Thunderbird、Seamonkey、Apple mailなどのメールクライアントもフィードに対応しています。残念ながらGoogle ChromeはRSS Subscription Extentionなどのエクステンションを利用しないとフィード購読を実現できません。

画面右側の「フィード購読」メニューから「更新情報フィードを購読する」リンクをクリックしてください。すると次のような画面が表示されます。

いきなり英語で面食らうかもしれませんが、すこしだけ我慢してください。設定はごく簡単です。

薄黄色のバックで「Subscribe with ???」と表示されるときは「show all Subscribe options」リンクをクリックしてください。すると薄い灰色の文字の「Subscribe Now!」という表示に変わり、少し下に「View Feed XML」という濃い青の文字のリンクが表示されます。ここをクリックしてください。


IEの場合はこのような画面が表示されると思います。「このフィードを購読する」リンクをクリックし、ダイアログボックスに名前や作成先などを適当に指定して「購読」ボタンを押してください。


以後、ツールバーのお気に入りボタンでフィードを表示させ、名取第1団ホームページ更新情報のフィードをクリックします。この状態でツールバーにある星に緑の矢印のついた「お気に入りバーに追加」ボタンを押すと、冒頭に紹介したようにツールバーから直接サイトの更新情報にアクセスできるようになります。

Firefoxを使った方法も同様です。「View Feed XML」という濃い青の文字を繰り句した後で表示される画面で、「購読」をクリックします。

さらに、フォルダを「ブックマークツールバー」に指定することで冒頭のようなツールバーからのアクセスが可能になります。

どれも用語の解説が目的ですが、正確さというか、より正式な情報としてはサイトの記事が最も「堅い」情報となります。FAQもそれに準じたものです。つまり、ブログ記事を投稿できるWeb管理者の権限になります。しかしIDをもっている、つまり名取第1団に所属しているユーザには記事にコメントをつけることができます。

Wikiはそれよりもさらに柔軟な臨機応変的な情報源と言え、ラウンジはさらに気さくな、不正確なうわさや単発の話題のようなものでも受け入れられる性格があります。

新しい話題はラウンジから始めてください。ある程度話題が続くようでしたら、Wikiに項目を作成してください。Wikiは通常の記事からもリンクできます。説明が必要な用語だと思ったら半角の角括弧[[,]]で括ると、その項目のWikiへのリンクになります。Wikiに用語が登録してない場合でもそのリンクを踏めば新規作成ウィンドウが表示されますので、新たに説明をおこしてください。

Joomla templates by a4joomla